保育士さんの椅子

大人用の椅子と机。置きたくとも用意できるスペースも予算もない保育園の現状を報告します。

伺ったのは、大森の「おおたみんなの家保育園」(東京都私立)渡部史朗園長 でした。

写真1 写真1 細長い建物でした。隣の鉄橋は新幹線。

まず現状です。

写真2

写真2 2歳児のクラス

これで長く続けられない

園児の椅子に座ることもするが:

園児の椅子に座るとなぜ疲れるのだろうか?

座面がちいさいので

内臓が圧迫される

脊柱の形が変わる

工夫 その1

試しに、その子ども用の椅子を12センチのウレタンの遊具に乗せてみた。実際には、椅子の幅より十分広い、1ブロックの牛乳パック遊具だと、安定していいかもしれません

写真3

写真3 すみません。写真撮り忘れしましたので作図しました。 脚の膝の先がテーブル。

座面高さがこれで32センチまでアップできました。この高さなら、姿勢としては妥協の範囲内。

ただし「2歳児相手では、ちょっと目線が高いかも」と、担任の先生のご意見でした。

工夫 その2 園児と目線合わせるには

もう1つの方法は、シンプルに〝床に座ること〟。

とくに園児用の低い机で書き物をする場合、園児の椅子では猫背になるので、床に座るほうがいいと言う。

床座りは、園児の椅子利用よりも、お尻や足の圧力が分散する利点もある。ただ、

床座りは足がいっそう折れ曲がるので、血流や神経の圧迫から言うと望ましい形ではない。とくに膝痛がある場合は、辛い体勢になると思います。そういう人は、椅子に座って、机の上に箱なりを置いて、机の高さを高くして書き物をしたほうがいいですね。

床座りができる人は、椅子のときと同様、骨盤が立つように『巻き寿司タオル』写真4を使ってみてみださい。

写真4

写真4 保育園用巻きずしタオル

保育士さん 頑張ってください

X線撮影から椅子を開発

他の関連記事もご覧ください  X線画像解析による椅子づくりの実績

X線画像を撮影したとして、それがどのように開発に結び付くのか?

お答えします。

以下は、とよた整形外科クリニック(山口市)を例にとった図解です。

X線画像から開発へ

以上の内容は、2014年12月米国サンフランシスコでの講演1の後、さらに詳しい解説がほしいとの要望に応えて作成した資料に基づきます。

講演タイトル

Medical ergonomics: product development based on collaboration between medicine and engineering.  DOI: 10.4172/2169-0316.S1.002

http://omicsgroup.org/journals/ArchiveIEM/industrial-engineering-2014-proceedings-tracks.php


椅子を作るでは、以下の記事を掲載しております。